コンブチャの効果と作り方|口コミどおりの効果はあるの?

雑記

コンブチャとは

コンブチャ(Kombucha)とは、アジアが発祥といわれている発酵飲料。
正確な起源はわかっておらず、モンゴルや満州などの説が有力なようです。
「昆布茶」を連想させる名称ですが昆布とは関係なく、紅茶や緑茶などのお茶を原料にして作られます。

「多くの健康効果がある」として欧米で爆発的な人気を博しており、Sandor Ellix Kats『発酵の技法』(水原文訳、オライリー・ジャパン)によれば「コンブチャほど急激に人気を獲得した発酵食品は、(少なくとも米国においては)他に存在しない」とのこと。

日本では1970年代頃に「紅茶キノコ」として流行した後、長らく忘れ去られていましたが、アメリカでの大流行を受け、「コンブチャ」として近年静かなブームが広がっています。

コンブチャの原料

コンブチャの基本的な原料は紅茶か緑茶と砂糖、それにスターターとなる微生物です。
お茶を作って冷まし、砂糖と微生物を入れると、発酵と共にSCOBYまたはマザーと呼ばれるゲル状の塊が作られます。

このゲル状の塊がキノコに見えるということで以前は「紅茶キノコ」と呼ばれていましたが、紅茶だけでなく緑茶、白茶、ウーロン茶、プーアル茶など、チャノキの茶葉を使った浸出液であればどんなお茶でも使えるそうです。

手作りコンブチャとコンブチャ製品

コンブチャは植え継ぎによって増やすことができます。
そのため手作りで楽しんでいる人も多いですが、ヨーグルトやぬか床と同様、生きている微生物なので管理が必要であること、管理が悪いと健康被害を招く恐れもあることから、完成したものを瓶詰めした市販品も人気です。

コンブチャの商品は、「微生物(手作りのためのスターター)」、「飲料」、「サプリメント」など複数の形で販売されています。

コンブチャの微生物

たとえば同じ「ヨーグルト」や「キムチ」と呼ばれているものでも、製品によって微生物の種類や数はさまざまです。
「コンブチャ」も同様で、製品によって微生物の種類や数は異なります。

また、管理されたスターターで作られる市販のヨーグルトと、家庭で何年も植え継いで手づくりされているヨーグルト。元々の菌は同じでも、徐々にその菌叢が違うものになっていくというのは想像がつきますよね。
手作りの「コンブチャ」についても、ひとつひとつの瓶で微生物の種類や構成は異なりますし、生きている微生物である以上、それは一定ではありません。

瓶の中にいる微生物が人の身体に有用な菌であるかどうかは、ぬか床などと同じように「匂い」や「見た目」、そして「勘」といったもので判断していくしかないのです。

コンブチャの味と香り

コンブチャの味は、次のような要素で成り立っています。

・砂糖の「甘み」
・微生物が作り出した酢酸・乳酸による「酸味」
・原料となるお茶と微生物が作り出した「香り・風味」
・砂糖を酵母が発酵させた結果できる「発泡感」
・後から加えられたハーブやフルーツなどによる「フレーバー」
これらのバランスは、お茶の種類や加えるフレーバー、存在する微生物の種類や発酵の長さ、温度などによって異なるため、製品によって千差万別です。
また、自家製のものは菌が砂糖をエサにして甘くなくなった頃に飲むこともあります。
ある製品が口に合わないという人でも別の製品は好みの味であった、ということもあるので、いろいろ試してみてください。

コンブチャの効果・効能

コンブチャの中には、「酢酸菌」「乳酸菌」「酵母」など多様な微生物*が含まれます。

生きている微生物を含むコンブチャは、含まれる菌類の種類や構成比などが起源や管理によって異なり、すべてが同一の健康効果をもつ訳ではありませんが、研究によって次のような効能をもつ可能性が指摘されています。

効果1 抗菌効果、抗カンジダ効果

抗菌効果、抗カンジダ効果コンブチャには抗菌・抗真菌活性があることが実験によってわかっています。 この抗菌活性は紅茶より緑茶の方が強く、表皮ブドウ球菌、リステリア菌などの活動を大きく抑制したほか、カンジダパラプシローシスに対する反応により、抗カンジダの可能性もあると考えられています。
参考:BATTIKH,CHAIEB,BAKHROUF,AMMAR(2012)”ANTIBACTERIAL AND ANTIFUNGAL ACTIVITIES OF BLACK AND GREEN KOMBUCHA TEAS”

効果2 血糖値抑制効果

血糖値抑制効果
コンブチャには糖分が含まれるため、糖尿病にはよくないのでは?と考えている方も多いと思いますが、動物実験の結果では血糖降下作用が確認され、糖尿病ラットの肝腎機能を保護する効果が報告されています。
糖尿病の治療と予防のためのサプリメントとしての応用の可能性が期待されているようです。

参考:Aloulou,Hamden,Elloumi, Ali,Hargafi,Jaouadi,Ayadi,Elfeki,Ammar.(2012)”Hypoglycemic and antilipidemic properties of kombucha tea in alloxan-induced diabetic rats.”

効果3 コレステロールコントロール効果


コレステロールコントロール効果
コンブチャはコレステロールをコントロールする効果についても研究されています。
動物実験においては、悪玉コレステロールといわれるLDLを低下させ、善玉コレステロールといわれるHDLを増加させる効果が認められました。
特に肝腎機能の観点から、高コレステロール血症に対する治癒効果が期待されています。

参考:Bellassoued,Ghrab,Makni-Ayadi,Van,Elfeki,Ammar.(2015)”Protective effect of kombucha on rats fed a hypercholesterolemic diet is mediated by its antioxidant activity.”

効果4 抗酸化効果

抗酸化効果
コンブチャに抗酸化効果があることはいくつかの実験で指摘されています。
動物実験では、鉛にさらされたラットにコンブチャを経口投与すると、脂質の過酸化とDNA損傷が減少することがわかったそうです。論文では「コンブチャは、鉛による免疫抑制をかなりのレベルまで軽減した」とされ、コンブチャが強力な抗酸化および免疫調節特性を持っている可能性があるとしています。

参考:Dipti,Yogesh,Kain,Pauline,Anju,Sairam,Singh,Mongia,Kumar,Selvamurthy.(2003)”Lead induced oxidative stress: beneficial effects of Kombucha tea.”

その他の効果について


コンブチャを飲む人の証言およびロシアの研究者からは、コンブチャの効果として次のようなものが報告されているそうです。

・血液を解毒する
・コレステロール値を下げる
・アテローム性動脈硬化の減少
・血圧を下げる
・炎症の問題を軽減
・関節炎、リウマチ、痛風の症状を緩和する
・肝機能を促進する
・腸の活動を正常化し、腸内細菌叢のバランスをとる
・肥満を減らし、食欲を調節する
・膀胱の感染症を予防・治癒する
・糖尿病の予防
・がんに対する体の抵抗力を高める
・細菌、ウイルス、酵母に抵抗する
・免疫システムを強化し、インターフェロン産生を刺激する
・気管支炎と喘息を和らげる
・月経障害と更年期のほてりを減らす
・髪、肌、爪の健康を改善する
・アルコールに対する渇望を軽減する
・ストレスや神経障害、不眠症を軽減
・頭痛を和らげる
・視力を改善する
・老化を防ぐ
・一般的な代謝を高める ほか
出典:Rasu Jayabalan,Radomir V. Malbaša, Eva S. Lončar,Jasmina S. Vitas, Muthuswamy Sathishkumar(2014)”A Review on Kombucha Tea—Microbiology, Composition, Fermentation, Beneficial Effects, Toxicity, and Tea Fungus”

これらの主張の中にはそれを裏付ける科学的なデータが存在しないものも多く、過信はおすすめできません。
もちろん、現在証明されていないだけで、実際は効果があるという可能性もありますが、コンブチャは食品であり、万能薬ではないことは覚えていてくださいね。

コンブチャの口コミ~「ダイエットに効く」は嘘?


コンブチャの口コミ~「ダイエットに効く」は嘘?
日本では、コンブチャについてデトックス効果、アンチエイジング効果、美容効果にダイエット効果など、さまざまな効果や効能が宣伝されています。
コンブチャ製品の口コミ・評判としては次のような内容が多いようです。

肯定派 否定派
・食事制限なしでも痩せる。
・便がどっさりでるようになった。
・便通が改善され、肌の調子がよくなった。
・フルーティーでおいしい。
・飲みやすく、続けやすい。
・代謝がよくなり汗をかくようになった。 ・まったく痩せない。
・逆に太った。
・便通も改善しない。
否定派と肯定派で全くいわれていることが違って困惑してしまいますね。

実は、微生物には腸との相性があり、ヨーグルトなどプロバイオティクスの効果については、個人の腸内環境によって効き目が異なるといわれています。
「効く・効かない」と意見が分かれるのは、コンブチャに限らず多くのプロバイオティクスでも同じです。
「自分の身体で試してみて、効果のあるものを続ける」ようにしてください。

おすすめのコンブチャはコレ!!

タイトルとURLをコピーしました